じゃばらのナリルチン 花粉症対策

妊娠中の花粉症対策

外出時
まずは症状が出てしまう目と鼻口を、めがね、マスクを着用してガードします。
これがどんな方法よりも目の痒みや鼻水鼻づまりには効果的です。
一番手軽にできるうえ、ガードすることで外出先でも症状を感じることがなくなるでしょう。

じゃばらジュース
妊娠中にお腹を圧迫することは、切迫流産・早産に繋がる恐れがあるので避けなければいけません。
しかし、くしゃみをすると子宮のある下腹部の辺りに力が入ってしまいます。
1~2回なら大丈夫かもしれませんが、花粉症でくしゃみが止まらない状態になってしまうとその影響が心配です。
また、母体がくしゃみや鼻水、痒みなどで精神的に不快な状態が続くことは、胎児にとっても良いことではありません。

そこで副作用のリスク無しで妊娠中の花粉症を乗り切るのに、北山村のじゃばらが良いのではないでしょうか。
じゃばらは自然食品なので、妊娠中の方でも副作用なしで安心してご利用頂けます。
じゃばらジュース



産婦人科で漢方を処方
市販の薬を使うのは妊娠経過に影響を及ぼす可能性があるので避けたほうが良いでしょう。
花粉症は一種のアレルギー反応です。実は妊婦の体にとって赤ちゃんの体も異物であるので、
余りアレルギー症状が酷くなって過剰になってしまう場合、異物である赤ちゃんへの拒否反応まで出てしまうということもあるそうです。そんな事態にならない為にも、余りにも症状が酷い場合は、産婦人科で診察して頂き適切な漢方を処方してもらいましょう。

TOPページに戻る